アサシオくんと朝青龍


a0144181_1436256.jpg土俵際のふんばりが今イチ甘くて、将来の大器と嘱望されつつ、結局大関どまりに終わった元朝潮で現在の高砂親方。その潔くて諦めのよい?土俵態度に、この僕もけっこう拍手喝采してました。

今回の朝青龍の引退騒動でも記者のひとから「朝青龍はどんな弟子でしたか?」と、そう問われ「こんな弟子でした」と澄まし顔で答えて報道陣の笑いを誘っておりました(笑)

親方としての管理責任で、二階級降格、なんと144万円から87万円への大幅減給処分にもめげる様子もなく、あくまで「泰然自若」のアサシオくん。僕は好きですね、こういうタイプ。あっけらかんとしたラテン系のノリっていうのかな?

そういえば、数年前のモンゴル無断帰国騒動の際にも、朝青龍を追いかけ現地に赴いたアサシオくん、大勢詰めかけた日本の芸能レポーターに「現地の状況は如何でしたか?」と、そう問われ「うん、なかなかいい温泉、ほんとツルツルになりました」と発言した時も思わずお腹を抱えて笑ったものです。なかなか居ませんよ、こういうひと、今のニッポンには。

朝青龍の相撲も好きでしたね。周囲はなんだかんだと、とかく云ってましたけど、彼を見ていると、どことなく往年の力道山を思い浮かべてしまいます(古いね)。朝青龍というお相撲さんには、なんて云うんでしょうか、いわゆる”善悪”を超越した不思議なオーラみたいなものがあったような気がするのですよ。

いざ土俵から去るとなると一抹の寂しさを覚えます。たしかに強いけれども残念ながら、横綱・白鵬にもあまりそれがない。さらには今の日本人力士にはもっとない。例えば、かつて野球の長嶋さんがそうであったように、これって生まれ持ったものですからね。

まあそれにしても世の中すべて眉つり上げて「清く正しく美しく」の大合唱。まるでワーグナーの音楽でも聴いてるみたいですね。でも、これが昨今のこの国のトレンドのような気もいたしますので、今回の引退も致し方ないことだと思います(苦笑)
さてさて、まだ若くて元気な朝青龍には今度は心機一転、格闘技の世界で、水を得た魚のように、おおいに暴れまくって欲しいなと、そう思っております。国技ってなに?



Commented by bisque at 2010-02-05 23:50 x
こんばんは

ふむふむ・・高砂親方の印象が変わりました
朝青龍はもったいないなと思いますね
けっこう人情家みたいですから、あと一歩だったなと残念ですね・・これが現実なんでしょうか
Commented by tokoro-11 at 2010-02-06 08:04
朝青龍、一度成田空港でばったり遭遇したことがあるんですよ。
その時は、ちょうどモンゴルに里帰りみたいで、とっても上機嫌。
周囲にニコニコしながら手を振り、愛想を振りまいてました(笑)
彼には「解離性人格障害」という心の病が本当はあるんですよね。
Commented by linda-monda at 2011-01-16 08:24
拍手!! まったくおっしゃる通りです!
Commented by tokoro-11 at 2011-01-16 09:10
れもんさん、おはようございます。
云いたいこと、わかってます...笑(謎!)
最近、ブログの更新滞ってますが、
またやる気が出たら、頑張ります(アセ)
Commented by linda-monda at 2011-01-16 20:22
言外には何も込めておりませんよ(笑)。朝潮、朝青龍、そして角界について私も同じように感じていましたが、とてもtokoroさんのように表現できない・・・ と舌を巻いて敬服したのです。私はtokoroさんの文章が本当に好きなんです。ただそれだけです!(笑)
Commented by tokoro-11 at 2011-01-16 21:00
こんばんは。ははは、これは失礼いたしました!
どうもありがとうございます。でも、れもんさんも、
いつも素敵な文章を書かれるなあと思っておりますよ。
by tokoro-11 | 2010-02-05 15:22 | スポーツ | Comments(6)

日暮庵へようこそ。日々思うことや感じたことなど気の赴くまま綴っています。既発表の詩や短歌もほんの一部だけ載せてます。


by tokoro-11
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る