人気ブログランキング |

千円床屋 


とある友人が「近頃はすっかり千円の床屋に通うようになったよ」と云うのを聞いて、不況のせいもあってか、近頃めっきり増えてきたチェーン店方式の”千円床屋”なるものに、遂にこの僕も男を捨てた気持ちになって?行ってみることにした次第であります。これでもですね、独身の若い頃は、僕だって美容院に通っていたんですがね(苦笑)

店の外にまで並んだ椅子にはお客さんがずらり。閑古鳥が鳴いてる普通の床屋さんにはきっと恨めしい光景だろうなと、そんなことを思いつつ、僕も椅子に座って周囲を見渡せば、なんとお客の五人には一人は女性客。やはり女を捨てたのだろうか(失礼!)けっこう若そうなお姉さんまでカットに来てるではないか。

混んでるから時間が掛かるだろうなと思っていたら、あっと云う間に順番が来た。頭も洗わないで、ささっとカットして、最後はバキュームホースのようなもので、頭の周りをきれに吸い取って、はい終わり。床屋に来たというより、まるでベルトコンベアーにでも乗ってる気分で、時間は賞味10分くらいしか掛らなかった。

でもしかし、ハサミも櫛もみんな消毒もせずに他人の使い回しだし、あれはさすがにあまり衛生的とは云い難い(笑)たまたま上手なお兄さんに当たったせいか、仕上がり自体は普通の床屋とほとんど変わらない。

「お兄さん、なかなか腕が良いね」と、そう褒めてあげたら「いやあ、そんなことありませんよ」と照れてたけれど、ちょっぴり嬉しそうな笑みを浮かべておりました。

でもねぇ、昔の若者ならば、こういうお店で修業を積みながらも、やがては自分のお店を持ちたいという夢とかあったじゃないですか?今はそれさえ叶わない、そんな世知辛い時代となりました。お寿司やさんだって花屋さんだってみんなそうでしたよ。「一体こんな世の中に誰がした!」と、そう思いつつ、またこっそり行ってみようかな...。
Commented by mira at 2009-12-20 16:12 x
あっ、スキンが暖色系に変っている(笑)

なんと~tokoro-11さん、男を捨てて千円床屋に行かれたんですね! 
私もう何年か美容院に行かず自分でカットしてます。大抵インディアン娘のような真ん中分けのストレートなロングヘアーでワンパターンだし、これ女を捨てたことになるかしら(笑) こちらの美容院、日本人の髪の毛の扱い方をあまり知らなくて、日本人の知人でも自分でカットする人って割りと多いですよ。
Commented by tokoro-11 at 2009-12-20 19:28
はい、捨てました。まだすっかり頭を丸め菩薩の境地にまでは達しておりませんが、あと少しです(笑)昔のインディアンのほうがむしろ現代人よりも、よほど深い智慧を持っておりました。だから、miraさん、インディアン娘、全然OKですよ。
by tokoro-11 | 2009-12-20 12:05 | ひとりごと | Comments(2)

日暮庵へようこそ。日々思うことや感じたことなど気の赴くまま綴っています。既発表の詩や短歌もほんの一部だけ載せてます。


by tokoro-11
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る