アレルギー一家

正月三が日は、妻の実家に行った以外は、静かに読書をして過ごした。
好きな茨木のり子さんの詩集と、それに、平田俊子さんの小説「スロープ」。

平田さんの詩集は、以前から読んでいたのですが、小説は読んだことが
ありませんでした。そんなに長くはないので一気に読んでしまったけれど、
面白かった。というか、詩人の書く文章は、はやり奥行きがあって美しい。
うん、久々に小説らしい、余韻の残る小説を読んだなあ、といった印象です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話は違うのですが、年末年始、うちの妻が酷い蕁麻疹になった。
強い抗生物質で、12月にピロリ菌の除去をしたから、胃のなかの常在菌まで
すべていなくなってしまったのだろう。免疫のバランスが崩れたに違いない。
僕の持っている抗アレルギー剤を飲んでも効かないので、昨日、医者に行って、
一時的にステロイドの内服を始めたのだが、これで治まってくれれば良いが。

まあ、我が家は、娘にも食べ物アレルギーがあるし、この僕もことに寒い冬場は
急激な温度差で寒冷蕁麻疹が出たり、自家感乍性皮膚炎に悩まされることが多い。
皆仲良く、花粉症だし、たまに軽い喘息も出る。まさにアレルギー一家である。
食べ物にも普段からかなり気を配ってはいるのだけれど、困ったものだ...(泣)
Commented by linda-monda at 2011-01-06 00:04
tokoroさんが過ごされたお正月の様子が静々と伝わってまいりました。平田俊子さん、読んでみたくなりました。奥様は年末年始のお医者さんがお休みの時に散々でしたね。早くよくなるといいですね。
Commented by tokoro-11 at 2011-01-06 06:05
れもんさん、おはようございます。そうなんですよ、まだ良くならなくて、少し心配です。慢性化しなければ良いのですが...。平田さんの小説は、久々に上質な純文学を読んだって印象です。大衆小説ではないので、好みはそれぞれだと思いますが、僕としてはおすすめの一冊です。
Commented by linda-monda at 2011-01-18 22:28
こんばんは。「スロープ」と「殴られた話」を読みました。平田さんて、とても不思議で面白い世界を持ってらっしゃる方ですね。はまりました。。。
Commented by tokoro-11 at 2011-01-18 23:05
れもんさん、こんばんは。けっこう面白いでしょ。文章もしっかりしてるし、構成も良し。最近は、せっかく読んでもがっかりするような小説が多くって...苦笑
by tokoro-11 | 2011-01-05 06:45 | ひとりごと | Comments(4)

日暮庵へようこそ。日々思うことや感じたことなど気の赴くまま綴っています。既発表の詩や短歌もほんの一部だけ載せてます。


by tokoro-11
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る